普通切手82円1シート(100枚)95.5% 7831円  の購入(買う)

普通切手82円1シート(100枚)95.5% 7831円 
普通切手に関してはご入金より、発送まで平日3日程度頂く可能性がございます。
あらかじめご了承ください。
通常価格
8,200円(税込)
販売価格
7,831 円(税込)
数量:
増加
減少

・【東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ】・・・学問の神様、菅原道真も愛した梅。82円切手の新デザインです。日本人には故郷を思い浮かべる情緒溢れる花として親しまれている花です。さて、梅にはたくさんのことわざや言い伝えがあることを皆さんご存知でしょうか?

・一番メジャーと言えば、【松竹梅】。福袋や定食屋でよく悩む等級を表す言葉ですね。これは中国から【歳寒三友】という言葉として来ました。三友とは【正直な人、忠実な人、多聞な人】と友達とする人としてふさわしい人の意味です。松は、厳しい寒さにも負けず、高い崖などにもよく根を張っている様子から、忍耐強い人、竹は節がありまっすぐ伸びていることから、正直で嘘をつかない人、梅は冬に花開くことから厳しい中でも笑顔を失くさない人を指すそうです。昔から日本でも縁起物として親しまれてきました。

・普段使う人も多いであろう言葉、塩梅(あんばい)。これは「良い塩梅の采配をする。」など、とても具合のいいことを指します。元々、梅酢を使うという意味での調理用語でした。

・さて、なかなか知らないマニアックなものもご紹介しましょう。「梅干しと友達は古い程良い」梅干しは長く漬け置いたものがよく、友達も気心の知れた昔からの友達の方が信頼できるという意味。イギリスにも同じ意味で「友とワインは古いのに限る」という言葉があります。

・「梅根性に柿根性」梅は、梅干しにしても焼いてもどんな調理方法をしてもすっぱいことから、頑固な人、根気の良い人を梅根性は指します。逆に柿根性とは柿が焼くと渋みがとれて、干せば甘くなるなど味が変化しやすいことから、気分屋な人を指します。

・また悪い意味でも梅は使われることもあります。「梅木学問」という言葉があります。梅の木は成長は早いものの、大きな木まではならないことから、「身になっていないにわかの学問」のことを言います。逆の意味で「楠学問」という言葉があります。

 

  • お気に入り登録
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • 利用ガイド
  • 買取方法
  • 支払方法